カーマフラーの役割や特徴など

カーマフラーの役割

エンジンのついている車にはマフラーと呼ばれるものがついています。
エンジンは空気を吸ってガソリンなどと混合し、燃焼します。燃焼した排気ガスを排出しなければなりません。
カーマフラーはその燃焼した排気ガスを排出する部分にあります。
その出口部分についているのがサイレンサーで、消音する役割があります。
車の後ろ部分に出ているパイプ部分がそれにあたりますが、エンジンから排気ガスを送るマニホールドと呼ばれるパイプを伝い、エキゾーストパイプにサイレンサーがつながっています。
ガリバー評判
車のエンジンは爆発させて回転し出力を得ているので、そのままではすごい爆発音がします。
その爆発音を消音する役割がサイレンサーにはあります。
サイレンサーは大きな太鼓型になっていて、その中はパイプが幾つかあります。
またその中は音を吸収する材質が入っていて、そのいくつかあるパイプを排気ガスが行き来する過程で消音されます。
そのため排気効率を考えると悪いと言えます。エンジンの性能を抑えていることになります。
マフラーを交換することでエンジンの出力を上げるといったことも可能ですが、その分消音効果がなくなってくるため音が大きくなります。これらはスポーツマフラーとも呼ばれています。